アイドル

スノーマンとストーンズどっちが人気?デビュー前と現在では違う?

スノーマンとストーンズどっちが人気?デビュー前と現在では違う?

 

SMILE-UP(旧ジャニーズ)の人気グループ、スノーマン(SnowMan)とストーンズ(SixTONES)

両グループは2020年1月22日に同時CDデビューを果たし、あっという間に事務所の中でもトップアイドルに成長しました✨

同時デビューしたこともあり何かと比較されやすいですが、デビューから4年経った今、どっちが人気なんでしょう?

そこで今回は『スノーマンとストーンズどっちが人気?デビュー前と現在では違う?』とし、デビュー前から現在までいろいろとリサーチしてみました。

 

この記事でわかること
  • スノーマンとストーンズの人気度
  • スノーマンとストーンズのデビュー前から現在までの推移
  • スノーマンとストーンズの違い

では詳しく見ていきましょう。

 

スノーマンとストーンズはどっちが人気?

スノーマン(SnowMan)とストーンズ(SixTONES)はどっちが人気あるのか?について、次の4つを解説します。

 

では、一つずつ詳しく見ていきましょう。

 

CD・映像作品の売上から比較

初めに、CD売り上げについて見てみましょう。

ここではCD発売の初週売上を表示します。

 

CD売上

 

※デビュー曲発売の2020年1月22日~2024年1月現在までに発売された作品を対象とします。

枚数は初週売上です。

【シングル】

Snow Man SixTONES
D.D./Imitation Rain 132.8万枚 Imitation Rain/D.D. 132.8万枚
KISSIN’ MY LIPS 91.8万枚 NAVIGATOR 62.2万枚
Grandeur 80.2万枚 NEW ERA 44.6万枚
HELLO HELLO 80.6万枚 僕が僕じゃないみたいだ 43.1万枚
Secret Touch 73.4万枚 マスカラ 49.6万枚
ブラザービート 78.8万枚 共鳴 40.0万枚
オレンジkiss 83.0万枚 わたし 47.1万枚
タペストリー/W 90.3万枚 Good Luck!/ふたり 39.2万枚
Dangerholic 86.9万枚 ABARERO 42.9万枚
こっから 49.5万枚
CREAK 47.5万枚

【アルバム】

Snow Man SixTONES
Snow Mania S1 84.1万枚 1ST 46.7万枚
Snow Labo. S2 89.1万枚 CITY 47.0万枚
i DO ME 106.1万枚 51.7万枚
THE VIBES 49.7万枚

 

\Snow Man 最新アルバム/

Snow Man ニューアルバム 『i DO ME』初回盤B(CD Blu-ray) [三条本店]

価格:4180円
(2024/1/18 20:43時点)
感想(0件)

Snow ManのCDをチェックする!

 

\SixTONES 最新アルバム/

購入者特典:THE FILE (オリジナルクリアファイル)付き!SixTONES ニューアルバム『THE VIBES』通常盤・初回仕様(CD)[三条本店]

価格:3300円
(2024/1/18 21:35時点)
感想(0件)

SixTONESのCDをチェックする!

 

映像作品(ライブDVD・Blu-ray)売上

 

※デビュー曲発売の2020年1月22日~2024年1月現在までに発売された作品を対象とします。

【映像作品(DVD・Blu-ray)】

Snow Man SixTONES
作品名 初週売上 作品名 初週売上
Snow Man ASIA TOUR 2D.2D. 40.6万枚 TrackONE -IMPACT- 25.5万枚
Snow Man LIVE TOUR 2021 Mania 46.1万枚 on eST 25.6万枚
Snow Man LIVE TOUR 2022 Labo. 68.6万枚 Feel da CITY 27.6万枚
Snow Man 1st DOME tour 2023 i DO ME 73.4万枚 慣声の法則 in DOME 29.9万枚

 

CD(シングル・アルバム)、映像作品(ライブDVD・Blu-ray)とも全てSnowManが売上は多いことがわかりました。

 

ー結論ー

CD・映像作品の売上では SnowManが多い

 

\Snow Man ライブツアー DVD 最新/

Snow Man 1st DOME tour 2023 i DO ME(初回盤DVD) [ Snow Man ]

価格:6237円
(2024/1/18 21:46時点)
感想(60件)

Snow ManのライブDVD・Blu-rayはこちら

 

\SixTONES ライブツアーDVD 最新/

慣声の法則 in DOME (DVD初回盤) [ SixTONES ]

価格:6873円
(2024/1/18 21:49時点)
感想(32件)

SixTONESのライブDVD・Blu-rayはこちら

 

Youtube登録者数から比較

SnowMan、SixTONESどちらも2019年頃からそれぞれグループでのYoutubeチャンネルを始めました。

  • SnowMan ・・2019年12月11日
  • SixTONES ・・2019年8月5日

(それまではジュニアチャンネルに所属)

2019年というとまだデビュー前ですが、デビューすることが決まっていたこともありチャンネル創設をしたと思われます。

 

創設から4年でチャンネル登録者数は以下のとおり。

  • SnowMan・・・チャンネル登録者数 312万人
  • SixTONES・・・チャンネル登録者数 221万人

SnowMan の方が91万人多いことがわかります。

理由はいろいろあると思いますが、SnowManのYoutubeが人気あるのは、

①人狼の回が面白すぎる ②バラエティ色が強い ③ダンプラがある

このような理由が当てはまるのではないかと思います。

 

ー結論ー

Youtubeチャンネル登録者数は SnowManが91万人多い

 

FC会員数から比較

次に、FC(ファンクラブ)会員数を見てみましょう。

  • SnowMan・・・ 127万人
  • SixTONES・・・   1万人

引用元:Youtubeジャニ・ジャニ

ファンクラブ会員数には退会した人も含まれたままなので実際にはもっと少ないと思いますが、参考までに。

 

ー結論ー

Snow Manが 46万人多い

 

テレビ露出度から比較

SnowManは冠番組それSnowManにやらせてくださいを持っていることが強みですね。

デビュー年の2020年から初めはParaviの配信のみ、1年後からテレビ地上波お昼に移り、現在はゴールデンタイムで放送

また、SnowManは個人がレギュラー番組複数もっています。

冠番組

  • 『それSnowManにやらせてください』TBS系列

レギュラー(バラエティ・情報番組・教養番組)

  • 阿部『今夜はナゾトレ』フジテレビ
  • 阿部『Live News イット!』マンスリーキャスター フジテレビ
  • 佐久間・宮舘『ラヴィット』TBS
  • 深澤『ノンストップ』フジテレビ
  • 目黒・向井『冒険少年』TBS
  • 向井『どっきりGP』フジテレビ
  • 宮舘『黄金のワンスプーン』TBS
  • 佐久間『みんなの手話』NHK Eテレ

ドラマ・映画

  • 渡辺翔太『先生さようなら』日本テレビ 主演 1/22~
  • 岩本照『恋する警護24時』テレビ朝日  主演 1/13~
  • 向井康二『リビングの松永さん』カンテレ/フジテレビ  1/9~
  • 深澤辰哉『春になったら』 カンテレ/フジテレビ  1/15~
  • 宮舘涼太『大奥』フジテレビ 1/18~
  • 佐久間大介 映画『マッチング』2024.2.23公開予定

2024年1月現在

他にも単発のバラエティ番組出演なども本当に多い!

毎日SnowManの誰かはテレビにいると思います。

 

次にSixTONESを見てみましょう。

レギュラー番組

  • NHK Eテレの番組『バリューの真実』6人
  • ジェシー・田中『オオカミ少年・ハマダ歌謡祭』TBS

ドラマ

  • ジェシー『新空港占拠』日本テレビ 1/13~
  • 松村北斗 映画『夜明けのすべて』主演 2024年2月9日公開予定
  • 京本大我 映画『言えない秘密』主演 2024年夏公開予定

 

また、どちらのグループも

  • 冠ラジオ番組
  • 単発のバラエティ番組
  • 音楽番組
  • 雑誌の連載
  • 雑誌の撮影
  • 舞台
  • Youtube
  • CM

など、テレビ以外でも多くの仕事をしています。

テレビは目に触れる機会が多い利点があるので、ファン獲得につながりますよね!

SixTONESはどちらかというと、テレビより映画や舞台に出演するメンバーが多いかなという印象です。

 

ー結論ー

テレビ露出はSnowManが多いですね。単純に6人と9人の違いでもあると思いますがSnowManの勢いが表れている感じがします。

 

スノーマン(SnowMan)とストーンズ(SixTONES)はどっちが人気?について、総合的に判断すると・・・

スノーマン(SnowMan)の方が人気がある

ということになります。

 

でも、どちらにも多くのファンがいて何より両グループにそれぞれ個性があるので、一概には言えませんが、あくまで上記の4つの指標の結果と受け止めてくださいね😊

 

スノーマンとストーンズの人気は逆転した?

前述で、SnowManの方が人気があると結論を出しましたが、実はデビュー前と逆転しているらしいのです😯

詳しく見ていきましょう。

 

デビュー前(~2019年)

デビュー前、いわゆる旧ジャニーズジュニア時代。

その当時、社長(ジャニー喜多川)はSixTONESを推していたそうです。

SixTONESはやんちゃなイメージがあるのでちょっと以外な感じがしますが。

それが関係するのかわかりませんが、当時の人気はSixTONESが多かったそうです。

 

実際、旧Twitterでこんなアンケートがありました!

これは2019年8月とあるので、2組のデビューはまだ発表されていない時期。

圧倒的にSixTONESが人気だったということがわかりますね😮

 

デビュー当時(2020年)

当時のFC(ファンクラブ)会員数から見てみましょう。

SnowManとSixTONESのファンクラブが発足されたのは、2019年11月20日でした。

 

FC(ファンクラブ)会員数
Snow Man SixTONES
開設初日(2019年11月20日) 2万4000人 3万5000人
2020年1月22日同時デビュー
2020年2月 15万人 20万人

 

SixTONESはジャニーズJr.時代から圧倒的な人気だったこともあり、ファンクラブ開設直後からアクセスが集中しサーバーに繋がらず入会できないという声もありました。

 

ー結論ー

デビュー前もデビュー当時もSixTONESの方が人気は高かったといえます。

 

でも徐々にSnowManはメディアへの露出も増えていきます。

デビューした年、コロナ自粛やSnowMan岩本照さんの活動停止など、SnowManにとってはデビューした後もピンチの連続でしたが、その一方で冠番組ができたりCD売上もSixTONESを越えていきました。

SNSにはこんな声も

SnowManが絶対売れてるわけないwww売れなさすぎてるから裏で金でやってるに違いないww
SnowManなんてJr.時代人気も全くなかったしファンもほとんどいないし
タッキーのお気に入りだから推されてるだけじゃん。
SnowManが売れてるみたいな記事見て笑ってしまうw
裏があるに決まってるのにw

— あ(@p10250523)April 11, 2021

 

こういうコメントは気持ちのいいものではないですが、少なからず同じように思っていた人は他にもいたかもしれません。

 

現在(2024年1月)

現在までの推移を見てみましょう。

 

FC(ファンクラブ)会員数の推移
Snow Man SixTONES
開設初日(2019年11月20日) 2万4000人 3万5000人
2020年1月22日同時デビュー
2020年2月 15万人 20万人
2021年2月 36万人 30万人
2022年1月 61万人 45万7000人
2023年2月 99万6000人 68万5000人
2024年1月 127万人 81万人

 

デビュー時期まではSixTONESの会員数が多かったですが、1年経つとSnowManの方が上回っています。

Youtube登録者数もそうですが、デビュー前のSixTONES人気と逆転しているのがわかります。

 

スノーマンとストーンズの人気が逆転したのはなぜ?

明らかに人気が逆転しています。

その理由を探ってみました。

 

コロナ自粛期間のYoutube活用

2組がデビューしたのが2020年1月22日

じつはこのとき、世界で「新型コロナ」がまん延し始めた頃で、日本にも感染者が出た!という厳しい状況でした。

もちろんその後はもっと大変な状況になりました。

デビュー後は両グループともツアーや、イベントなど予定されていたはずですがそれが自粛となり活動停止または中止となります。

ただ、自粛期間はSnowManもSixTONESもYoutube発信をしていました。

特に、SnowManのYoutubeの企画が今でも神回と言われる「人狼ゲーム」はじめ、どの回も面白いんですよね。

YoutubeからSnowManのファンになったという人も多いのではないでしょうか✨

 

「スノストにハマった」という声も!

自粛期間中のYoutubeは正解でしたね!

結果的にたくさんのファンを沼に落としました😊

 

テレビの露出度

テレビが衰退しているとはいえ、まだまだテレビの影響はあると思います!

前述しましたが、SnowManはグループとしての冠番組『それSnowManにやらせてください』をゴールデンタイム枠で放送しています。

個人でもバラエティやドラマへの露出が多くなり、主演を張るメンバーも次々と増えてきました。

目黒蓮さんに至っては、2022年フジテレビのドラマ『silent』や映画『月の満ち欠け』『わたしの幸せな結婚』が大ヒット。

目黒さんのファンになった人がSnowManw知る →→ SnowManのファンになる

そんな流れもたくさんあったと思います。

 

スーパーバラエティ担当の向井康二くんもいるのでSnowMan無敵なのでは!?と思ってしまうほど。

 

楽曲のテイストの違い

楽曲のテイストの違いもあるようです。

SnowManは「Theアイドル」的な曲、ダンスナンバー、ポップス、面白い曲(ブラザービート・君の彼氏になりたい)など。

Youtubeチャンネルにはダンスプラクティスもあるぐらい、ダンス曲にも力を入れています

一方SixTONESは、「ロックテイスト」「ヒップホップ」「歌唱力を生かす曲」など。

楽曲に芸術性が高いと感じます。

楽曲のテイストにおいては、SnowManとSixTONES違いますが、どっちのグループもどんなジャンルもこなせる幅広い楽曲をもっています。

どっちも魅力あるグループですが、一般受けが多い曲というのはSnowManなのかなと思います。

メンバーのドラマや映画出演も多いので主題歌としてタイアップされ、いろんなところで耳に入るのはSnowManの曲が多いということになります。

 

ファン層

ファン層でいうと、

  • SnowManは一般受けしやすく、ファン層が広い。
  • SixTONESはコアなファンが多い。

そんな感じでしょうか。

SnowMan は、「お茶の間の人気者」「好青年たち

テレビ露出も多いので気軽にファンになりやすいのでしょう。

バラエティ能力も高いグループで老若男女に好まれる印象です。

ライブでも子どもが非常に多いと聞きますし、主婦層や高齢者にもファンは多いですよね。

 

SixTONESは、「ロックテイストの楽曲が多い」「芸術性が高い」「テレビより映画・舞台」でやんちゃなイメージ。

そんな印象なので、一般受けというよりコアなファンが多いと思われます。

また、SixTONESのメンバーも面白いですがバラエティタレントという感じはしないですよね。

ジェシーさんもおちゃらけている印象ですが、がっつりアーティスト気質です✨

 

ファンの「私立」「公立」コメントが面白い😄

 

まとめ

「スノーマン(SnowMan)とストーンズ(SixTONES)はどっちが人気?」について以下の4つの指標をリサーチしました。

  1. CD・映像作品の売上
  2. Youtube登録者数
  3. FC会員数
  4. テレビ露出度

 

これらを総合的に判断すると・・・

スノーマン(SnowMan)の方が人気がある ということになりました。

デビュー前はSixTONESの方が人気ありましたが、デビュー後は露出の多さや個人活動の多さなどからSnowManが逆転する形になっています。

SnowManはファン層が広いことや、歌いやすい覚えやすい楽曲という点で、目に留まりやすい・ファンになりやすい のかもしれませんね。

 

スノーマン(SnowMan)とストーンズ(SixTONES)はデビューから4年、すでに事務所を引っ張っていくグループに成長しています✨

仲のいい兄弟グループなので、これからも切磋琢磨してもっと素敵なグループになるのを期待したいと思います📣💐

 

『スノーマンとストーンズどっちが人気?デビュー前と現在では違う?』を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。